専門家でも難しい!

ソウル・ゴスペル・ブルースについて思うこと > 士業 > 専門家でも難しい!

専門家でも難しい!

2014年10月26日(日曜日) テーマ:士業

民事再生による整理は住宅ローンなどを含めた複数の債務に陥っている人々を念頭において住宅を手放さずに経済的にやり直すための法的機関による謝金の整理の手段として施行された選択肢です。

 

この制度には、破産宣告とは違い免責不許可となる要件がありませんのでギャンブルなどで借金を作った場合においても民事再生手続きはできますし、破産をした場合は業務禁止になるような業種で仕事をされている方でも制度の活用が行えます。

 

自己破産制度ではマンションを手放さないことは考えられませんし特定調停と任意整理では元金は支払っていくことが求められますので、住宅ローンなどを含めて返していくことは実際問題として困難だと考えられます。

 

といっても、民事再生による処理を選択できれば住宅ローン等のほかの借金は十分な額を減額することもできますのである程度余裕に住宅のためのローンを払いつつあとの借り入れ分を返済し続けることが可能ということになります。

 

ただし、民事再生による解決は任意整理と特定調停などとは異なり一定の負債を省いて処理をすることは許されていませんし破産手続きにおいてのように負債それ自体消えるわけでもありません。

 

くわえて、それ以外の選択肢と比較すると手続きの手順が期間もかかりますので住宅のローンを組んでおりマンションを手放したくないような場合等を除き、破産等といったそれ以外の選択肢がない時だけの限定された手段として考えていた方がいいでしょう。

 



関連記事

インドネシア人の彼女と国際結婚です!

インドネシア人の彼女と国際結婚です!

2014年10月30日(木曜日)

帰化申請をしたアメリカ人の旦那

帰化申請をしたアメリカ人の旦那

2014年10月30日(木曜日)

アメリカ人と結婚したその手続き

アメリカ人と結婚したその手続き

2014年10月30日(木曜日)

弟が就職した旅行会社

弟が就職した旅行会社

2014年10月30日(木曜日)

農業の未来と農業生産法人

農業の未来と農業生産法人

2014年10月30日(木曜日)